地方創生にかける四日市魂

四日市市内の空き家問題に取り組む『空き家相談ネット』です。空き家の管理、有効利用、解体、空き家回避の解決策をご提供します

地方創生にかける四日市魂 イメージ画像

2016年03月

不動産ストックビジネスを取り組むに当たって ①需要の掘り起こし ②人材ネットワークの構築 ③資金調達の工夫が必要となります。この3点を含めた企業の取り組みを国土交通省の示した事例をもとに前回のブログで紹介しましたが、その事例の続きとなります。 事例6:(株

人口減少や高齢化が進む中、空き家や空き店舗、老朽建物が増加しています。このような不動産ストックを貴重な地域資源としてとらえ、再生・活用していくかが重要となってきます。そこで、国土交通省が地域の不動産関連業者等が不動産ストックビジネスに取り組むに当たって不

昨今、給与所得の減少などにより共働きが増加しています。しかしながら子育てと仕事との両立が困難な環境であるということが問題視されています。また一方では、少子高齢化等の人口減少による空き家の問題、それを抑制するために住居の集約化などが必要となってきます。以上

前回では中古住宅流通市場におけるITの導入による流通の活性化をご説明しましたが、不動産にITを取り入れる活動は流通市場だけではありません。不動産とアプリ、不動産と人工知能など様々な手法で不動産でのマッチングを実現しようとしています。今回は「不動産」と「IT」を

人口減少による空き家率は、右肩上がりで増加しています。そこで、中古市場の活性化が重要ですが、不動産市場全体で現在新しい取り組みが広がっています。それは、不動産にITテクノロジーを導入したマッチングサービスです。内容は多岐にわたり、売却・購入・仲介・リノベー

↑このページのトップヘ